2021年 11月 21日

原発性マクログロブリン血症

病態と新しい治療体系

原発性マクログロブリン血症は、低悪性度B細胞リンパ腫の1つであり、長く付き合っていく必要がある病気です。近年、本邦において新しい薬剤の開発も進められ、我々の日常診療にも導入されてきています。本講演では、原発性マクログロブリン血症という病気の理解が深まるように、病気自体のお話と現在の治療体系を中心にお話します。

講演者:棟方 理
司会:天野 慎介
棟方 理
棟方 理
むなかた わたる
国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 病棟医長
悪性リンパ腫や慢性リンパ性白血病を中心とする造血器腫瘍の診断・治療および新規薬剤を含めた治療開発を行っています。