2021年 11月 21日

急性リンパ性白血病(ALL)

ALLに対する新しい治療とケア

急性リンパ性白血病の治療は多くの新薬の登場を受けて急激に変化しつつあります。BiTE抗体、抗体医薬複合体に加え、小児・思春期世代の難治例ではCAR-T細胞療法も実臨床で行えるようになっています。同種移植を回避できる症例も増えており、変わりつつある長期的なケアについても概説いたします。

講演者:多田 雄真
司会:古賀 真美
多田 雄真
多田 雄真
ただ ゆうま
大阪国際がんセンター 血液内科/AYA世代サポートチーム
大阪国際がんセンター血液内科で造血幹細胞移植を中心とした血液悪性疾患の治療や多職種チームでのケアにあたっています。並行して院内のAYA世代サポートチームを主催したり、大阪府がん対策推進委員会小児・AYA世代がん対策部会委員、AYA week 2022実行委員長を務めるなどAYA世代のケアの充実や社会啓発にも取り組んでいます。