2021年 11月 20日

T細胞リンパ腫

T細胞リンパ腫の病態と治療

T細胞リンパ腫は発症頻度が低く、病態も多岐にわたります。近年、T細胞リンパ腫に対する初回治療の開発や、新規薬剤の臨床導入が盛んです。この講演では、T細胞リンパ腫の診断、初回治療から再発治療までお話しします。

講演者:丸山 大
司会:多和田 奈津子
丸山 大
丸山 大
まるやま だい
公益財団法人がん研究会有明病院 血液腫瘍科 部長
東京慈恵会医科大学卒業。同大学附属病院での研修・勤務を経て、2006年から国立がん研究センター中央病院で臨床試験や新薬開発に従事し、2021年1月より現職。引き続き質の高い診療と新たな治療開発に努めています。