2021年 11月 20日

リンパ腫の移植

造血幹細胞移植の現在と将来

リンパ腫に対する移植は自家移植が基本と考えられていますが、リンパ腫のタイプや状況によっては、ドナーの免疫力を利用した同種移植も有効な治療法になります。本講演では、4つのタイプのリンパ腫について治療反応性ごとに移植を受ける最適なタイミング(移植適応)や、実際に当院で移植を受ける場合の経過について紹介します。

講演者:福田 隆浩
司会:天野 慎介
福田 隆浩
福田 隆浩
ふくだ たかひろ
国立がん研究センター中央病院・造血幹細胞移植科幹細胞移植科長
長崎県出身。1989年九州大学医学部卒業。九州大学第一内科・県立宮崎病院・Fred Hutchinson Cancer Research Center留学を経て2005年より国立がん研究センター中央病院へ勤務。当科は造血幹細胞移植に特化しており、看護師など多職種によるチーム医療で「一人でも多くの患者さんに完治」を目指して取り組んでいます。