2021年 11月 20日

B細胞リンパ腫

治療成績の改善が進む標準治療と新しい治療

B細胞リンパ腫は頻度が高いリンパ腫です。多くの病型がありますが、治療成績は改善されてきています。それぞれの病型に対する標準治療をはじめ、最近開発が進んでいる分子標的療法や免疫療法についてもお話しします。

講演者:永井 宏和
司会:天野 慎介
永井 宏和
永井 宏和
ながい ひろかず
国立病院機構名古屋医療センター・臨床研究センター長
悪性リンパ腫の治療を専門としています。国立名古屋病院、ジェファーソン癌研究所、名古屋大学病院、等を経て現在国立病院機構名古屋医療センターに勤務しています。患者さんに適切な治療をお届けできるよう努めています。JCOGリンパ腫グループの代表として、標準療法の開発にも取り組んでいます。