2021年 11月 20日

AYA世代のがんを考える

小児科医から見たAYA世代がん

AYA世代のALLに関して、2000年代前半に様々な治療成績が報告されたが、そのほとんどは、小児プロトコールでの優位性を示しています。AYAがんの特徴として、比較的進行期での発見が多いこと、AYAがんを対象とした臨床試験が少ないことなどがあり、小児科医の立場から、AYAがんの問題点を考えます。

講演者:富澤 大輔
司会:古賀 真美
富澤 大輔
富澤 大輔
とみざわ だいすけ
国立成育医療研究センター 小児がんセンター 診療部長
1974年群馬県生まれ。東京医科歯科大学などの勤務を経て2014年に国立成育医療研究センター小児がんセンター血液腫瘍科診療部長に就任しました。「すべての小児がん患者さんに明るい未来を!!」をモットーに、小児患者さんの白血病やリンパ腫の診療に従事しています。難治性血液がんのより良い治療法の開発を目指して、多施設共同臨床研究にも取り組んでいます。