2021年 11月 20日

がんとの向き合い方・付き合い方

白血病細胞と共に生きた20年間の学びから

がん告知後、絶望感に浸った。その後、死を見つめ様々な気づきを得て回復した。そして、ある日、考え方が180度変わる時を迎えた。それを「枯れる時期」「根を張る時期」「新芽が出る時期」と名付けた。これまで多くのサバイバーに希望、勇気、そして、力を渡してきた。今回は各時期の過ごし方と学びを整理しお話しする。

講演者:久田 邦博
司会:中井 美穂
久田 邦博
久田 邦博
ひさだ くにひろ
しあわせです感謝グループ 代表
研修デザイナー&ファンタジスタ、薬剤師、がんピアサポーター。慢性骨髄性白血病の薬物治療を20年間継続し副作用もコントロールし元気に働き続けるサバイバー界のレジェンド。18年前から「患者が求める医療コミュニケーション」や「がんになってから楽しく生きるコツ」を国内各地で800回以上講演を重ねている。当フォーラムでは『しあわせと感謝の魔法使い クニー・ポッター』に度々扮して活動。がんサバイバーの孤立支援として無料オンラインサロン「がんサポ喫茶止まり木」を毎週運営し、いのちのパワースポットとの噂が広まっている。著書「死ぬまでに読んでおけ」
中井 美穂
中井 美穂
なかい みほ
フリーアナウンサー
元フジテレビアナウンサー。「プロ野球ニュース」など多くの番組に出演。フジテレビ退社後、97 年から「世界陸上」のメインキャスターを務める他、映画・演劇関連の司会など幅広く活躍。 2019年NPO 法人キャンサーネットジャパン理事に就任。グリーフケア関連含め市民公開講座の司会などの活動をしている。