胃がんから命を守る

13:45~14:05

胃がんから命を守る

胃がん化学療法における免疫チェックポイント阻害剤

抗癌剤が持っている力、そして抗癌剤がもたらしてしまう副作用、どちらもきちんと知ることで、患者さんの不安が和らぎ、抗癌剤への取り組みが向上します。
新しい薬も登場し、その最も期待されているのが免疫チェックポイント阻害剤です。どう向き合っていくか皆さんと考えたいと思います。

講演者

山口 研成(やまぐち けんせい)先生

がん研有明病院 院長補佐 消化器化学療法科部長

子供のころ小児喘息に悩まされて、喘息を治すことを誓って医者になりました。それが人との出会いで、消化器内視鏡医をめざすことになって、いつの間にか気がついたら抗癌剤の専門家になっていました。
消化器がんの化学療法に取り組んで、20年以上が経ちましたが、未だに薬を適切に使うことの難しさを感じております。新しい薬が出てきて、新しいバイオマーカーも出てきています。情報を経験とすりあわせて、患者さんが三年後、五年後に元気でいられるよう治療を組み立てていく、これが抗癌剤専門家・臨床腫瘍医の使命と肝に銘じています。また新しい治療を作ることや、薬の開発に携わることも大事な仕事です。
でも、患者さんといのちについて話し合うことが多い領域で、ついついお酒の量が増えてしまっています。