胃がんから命を守る

胃がんの早期発見と内視鏡治療

胃がんの治療にもっとも重要なことは、できるだけ早く発見することです。より早く見つけることで、体に負担の少ない内視鏡治療で切除することが可能です。これは、口から入れた胃カメラで、胃の表面にある胃がんを剥ぎ取る治療です。では、胃がんの早期発見のために何をすればよいのでしょうか?
胃がん検診の重要性から内視鏡治療まで、わかりやすくお話しします。

講演者

平澤 俊明(ひらさわ としあき)先生

がん研有明病院 上部消化管内科副部長
2001年秋田大学医学部卒。秋田県厚生連雄勝中央病院、秋田大学医学部付属病院消化器外科で研修。2010年に埼玉県立がんセンターの門をたたき、食道から肛門までの消化管、肝臓胆嚢膵臓の癌について幅広く診断、手術治療について学ぶ。腹腔鏡下手術を習得し、2014年から市立秋田総合病院に勤務。現在は主に胃がんや大腸がんの腹腔鏡手術や開腹手術、癌の抗がん剤治療を担当。当院では外科医全員で毎朝カンファレンスを行い、個々の患者さんにとってのベストを常に考えながら治療を進めています。小学生から大学までは、サッカーに明け暮れていた。1999年に高知医科大学医学部を卒業すると、聖路加国際病院で医師としての道を歩み始めた。そこでは、毎日のように吐血や下血の患者さんが救急外来に運ばれてきていた。緊急内視鏡でクリップによる止血を行うと、不安定な血圧が瞬時に改善した。研修医の自分は、強い衝撃を受け、自分も高い技術を持つ内視鏡医になろうと決めた。そして今、がん研有明病院で胃がんを克服するために、日々内視鏡を握っている。内視鏡室の運営はサッカーと同じチームプレーと思っている。医師以外にも、看護師、助手、事務員が一丸となって、安全で質の高い医療を提供しようと頑張っている。胃がんを内視鏡で切除する医師が、ゴールを決めるフォワードとすれば、そこまでボールを回してくれる看護師、助手、事務員はハーフやバックである。全員の協力がないとよい医療はできない。「チーム医療」、私が好きな言葉である。